琵琶湖の西南に位置する大津市で、湖国三大祭のひとつ、滋賀県無形民俗文化財の『大津祭』が行われます。京都祇園祭の風情を色濃く継承した祭礼。現在13基ある曳山はいずれも江戸時代に制作されたもので、各曳山にはからくり人形が乗っているのが特徴です。祭礼1週間前に組み立て、本祭の翌日に解体されてしまいます。

13基の曳山

曳山は普段は解体され各町の藏に保管されています。祭の1週間前各町で組み立てられ、その姿を現します。ここで13基の曳山を紹介します。

詳しくはこちら

行事

毎年9月の16日の「くじ取り式」に始まり、町中では夕方お囃子の練習開始。10月に入り「山建て」「宵宮」そして「本祭」を迎えます。

詳しくはこちら

歴史と由来

大津祭は、天孫神社の祭礼です。江戸時代初め、鍛冶屋町の塩売治兵衛が狸の面をかぶって踊ったのが始まりとされます。

詳しくはこちら

交通案内

「宵宮」の曳山の場所。「本祭」の巡行路、各種施設などを紹介します。曳山展示館へも是非お越しください。

詳しくはこちら

厄除けちまき

大津祭の華やかさに彩りをそえるのに粽撒きがあります。 以前は、祇園祭も山から撒いていましたが今は自粛されています

詳しくはこちら

からくり人形

大津祭の特徴として、各曳山に乗るからくり人形があります。巡行中、所望(しょもう)の場所でからくりを披露します。

詳しくはこちら



2014年の大津祭日程
  • 山建て  10月5日(日)
  • 宵宮  10月11日(土)
  • 本祭  10月12日(日)
bnr_facebook.jpg

アーカイブを見る

大津祭サイトを検索
Links
最近の大津祭の記事一覧
Feed アイコン大津祭の情報を購読
タグクラウド
カテゴリ一覧
月別アーカイブ一覧

最新記事の一覧

  • ,
  • 平成26年4月3日夜 日吉榊奉迎祭が行われます

      

    20140401.jpg 大榊の道筋  那波加荒魂神社・苗鹿の榊山から大榊伐り出す(直木神事) → 広芝へ渡御(真榊神事) → 広芝で降神、大榊を西本宮へ渡御(おいで神事) → 天孫神社へ(日吉榊奉迎祭) → 大榊が天孫神社から日吉大社の西本宮へ還御(大榊還御) → 山王七社の神輿出発(神輿神幸)



    日吉榊奉迎祭が行われます。


    平成26年4月3日 20時30分頃 浜通りオキ薬局前(地図)出発

    日吉大榊(さかき)を皆さんでお迎え下さい。


    無病息災・延命長寿の祈りが込められた日吉大社の榊は、4月14日 まで天孫神社に奉安されます。
    「山王祭」は大榊が西本宮に還御されると、神輿神幸が始まります。
    神輿神幸とは
    西本宮にて拝殿出し神事が執り行われたあとに、神輿(みこし)が日吉大社を出発し、「扇の手」と呼ばれる人々とともに、参道を駆け下りた。その後、台車にて坂本から下阪本の町内を巡行し、七本柳まで。

     

    houeisai-2.jpg大榊の道筋です。夜間の移動になりますが、松明(たいまつ)が目印になります。夜間の移動になりますので交通車両などに十分ご注意の上事故の無いよう見学下さい。


    お問い合わせ 天孫神社 TEL 077-522-3593

    こちらに詳しい日程が掲載されています。


  • , ,
  • 「出囃子」郭巨山・源氏山 大津絵踊り保存会定期公演にて

    20131116-DSC_5138.jpg


    大津絵踊り保存会定期公演にて「出囃子」出演しました。郭巨山・源氏山の演奏でした。


    続きもご覧ください。
  • 「大津祭写真コンクール」締切は 平成25年11月13日(水)必着

    20110924-DSC_0692.jpg

    「大津祭写真コンクール」締切は 平成25年11月13日(水)(必着)です。
    本祭はいかがでしたか?
    いい写真は撮れましたでしょうか?
    当日は本当に多くのカメラマンをお見かけしました。本祭りが終わったら次は「大津祭写真コンクール」です!! 自信のある人も、無い人も、とりあえず応募しましょう。ご自分の意外な才能に目覚めるかもしれませんよ。

    • 作品規格  カラー及び白黒プリント(A4判以上全紙まで)
    • 応募資格  制限なし
    • 締  切  平成25年11月13日(水)
    • 審  査  11月下旬に全日本写真連盟と関係団体が実施する。
    • 発  表  11月下旬
    • 表 彰 式  発表後受賞者に別途通知する。
    • 送 り 先  〒520-0055 大津市春日町1−3 JR大津駅2F
             (公社)びわ湖大津観光協会(TEL 077-528-2772)
    • 問合せ先  同 上
    • 展  示  大津祭曳山展示館(12月中旬から1月中旬予定)

    詳細はこちら

    多数のご応募お待ちしております。
  • 「ちま吉」追跡システム稼働中(本年は終了しました)

    1393747_475791575851699_905133344_n.jpg



    ちま吉追跡システム稼働中です。
    http://otsu-matsuri.jp/search/

    明日の本祭では曳山の位置が追跡できますよ!!

    くわしくはこちら 『曳山を探せ!』

  • ,
  • 平成25年も「宵宮スタンプテーリング」行います

    2010Stamp.jpg


     御集印帳形式のスタンプテーリングです。宵宮の晩に天孫神社や、各曳山町、曳山展示館など計18カ所を巡ります。各曳山町では、宵宮の囃子、宵宮飾りと言われるからくりなどの飾り物が間近で見ることが出来ます。また各曳山町では、長柄衆の方々に丁寧な説明も聞くことができます。今年は十八カ所すべて巡ると、最後に大津祭曳山展示館で粽をプレゼントします。どうぞご参加ください。

    • 開始時間  10月12日(土)17時00分~21時00分頃 
    • 場  所  天孫神社、大津祭曳山展示館、各曳山町など 地図はこちら
    • 料  金  500円 (全部押印なら曳山展示館で粽をプレゼント)
    • 発売開始  10月12日(土)17時00分〜
    • 販売場所  天孫神社、大津祭曳山展示館、各曳山町など


    ・その他不明な点は、大津祭曳山展示館 TEL 077-521-1013までお願いいたします。(月曜休館 開館10時〜19時)

  • , ,
  • H25年 神功皇后山「宵宮茶会」開催

    2013tea_party.jpg

    「宵宮茶会」今年も開催します。



    大津祭 宵宮の堤燈明かりの下、 お抹茶を接待いたします。

    抹茶和菓子付 400円

       
    日 時
    平成25年10月12日(土)
    午後6時~9時まで
    猟師町弥生会(町内女性会)

    「宵宮茶会pdf」
    大きい説明書きはこちら
    (地図も見やすいです)


  • 大津西武で【大津祭写真展】開催中(終了しました)

     

    20131001-13seibu1.jpg


    約400年の歴史ある大津祭ですが、より多くの方々に大津祭の良さをもっと知って頂けたと思い、西武大津店で【大津祭写真展】が開かれます。この写真展は、(社)びわ湖大津観光協会主催の大津祭写真コンクールの昨年度の入賞作品からセレクトした写真を展示。


    • 2013年10月1日(火)から10月7日(月)
    • 午前10:00から午後8:00 (最終日は午後5時まで)
    • 会場:西武大津店6階。

    20131001-13seibu2.jpg


    大津祭の優雅さや絢爛とした様子、お囃子や厄除ちまきまき、生き生きとした人々の表情から、楽しそうな祭の空気が伝わって来て、写真を見てるとお祭が楽しみになりますね。皆さんもぜひお越しください。


    • 主催:大津祭ちま吉協議会(大津祭曳山連盟、大津商工会議所、成安造形大学)
    • 協力:西武百貨店 大津店 / (社)びわこ大津観光協会
  • 平成25年度 10月12日 13日の車両 交通規制のお知らせ

    H25_koutuukisei_1.jpg


    H25_koutuukisei_2.jpg


    10月12日 13日は大津祭期間中 車両 交通規制が行われてます。上記マップ のPDFファイルは下記です。

    規制地図PDF  (クリックするとPDFファイルが開きます。ご利用ください)

  • 「地元で受け継ぐ」 大津祭、龍門滝山の車輪新調 として京都新聞に掲載されました

     
    ほぼ完成した龍門滝山の車輪の状態を確かめる太田さん(大津市関津3丁目の作業場)
    ほぼ完成した龍門滝山の車輪の状態を確かめる太田さん(大津市関津3丁目の作業場)

     湖国三大祭りの一つ、大津祭で今年、曳山(ひきやま)の龍門滝山(りゅうもんたきやま)の車輪(タマ)が新調される。製作するのは大津市の宮大工太田豊地さん(59)。車輪製作は約50年前から京都市の業者がほとんど手掛けてきたが、「地元で技術を受け継がなければ」と初めて取り組んだ。

     曳山の車輪は、外輪にあたる複数の「大葉(おおば)」、大葉同士を連結する「小葉(こば)」、中心部と大葉をつなぐ「矢」など四つの部位から成り、くぎを使わずに木を組み上げる。昭和30年代初めごろまでは大津市内の「車大工」と呼ばれる職人が作っていたが、・・・・・・・・・・・・・



    以降は京都新聞の本文をご覧ください。

    「地元で受け継ぐ」 大津祭、龍門滝山の車輪新調(京都新聞)
  • 産経新聞に ~伝統400年「大津祭」新時代~として掲載されました。

      産経新聞に ~伝統400年「大津祭」新時代~として掲載されました。

    • 町同士の交流盛んに/曳山の持ち歌増やす試み
    • 「自分たちで楽しむ」から「観光客に魅せる」へ


     大津市の旧市街地で10月12、13の両日に開催される湖国三大祭のひとつ「大津祭」。きらびやかな13基の曳山(ひきやま)が、それぞれ各町で受け継いできた囃子(はやし)を奏でながら街を巡行(じゅんこう)するこの祭りに新たな動きが出てきた。これまでは各町の独自性が重んじられてきたが、・・・・・・

    全文は以下リンク先をご覧ください
    産経新聞 伝統400年「大津祭」新時代

    アーカイブ