2019年の大津祭日程
  • 山建  10月   6日(日)
  • 宵宮  10月 12日(土)
  • 本祭  10月 13日(日)
Links
最近の記事一覧
タグクラウド
月別アーカイブ一覧
Feed アイコン外部のご支援を購読

月別アーカイブ - 2018年9月

「カフェ@マリア大津祭」のご紹介

h30_maria.jpg

大津祭の「宵宮」「本祭」期間中に教会でカフェタイム! 
ちょっと休憩できます

■名称
  • カフェ@マリア大津祭
■営業時間
  • 宵宮 10月6日(土) 18:00~21:00
  • 本祭 10月7日(日) 13:00~17:00
■場所

  • , ,
  • H30年 曳山巡行まちなか清掃ボランティア

    jt_30_ootu.jpg


    本祭当日「曳山巡行まちなか清掃ボランティア」が行われます。


    ■日本たばこ産業:主催


    • ●日時:平成30年10月7日(日)
    •     9時30分から17時(受付16時まで) 
    • ●場所:大津駅前広場 拠点


    • 「ひろえば街が好きになる運動」を展開。大津祭では今年で11年目
    • 約700人規模のボランティアが活動するそうです

    昨年の実績
    • 活動実施日    H29年10月8日
    • 参加人数     715人
    • 集まったゴミの量 0.36t

    ■協働団体
    • NPO法人大津祭曳山連盟、エコRUSH(滋賀大学)、大津たばこ商業協同組合、関西たばこ問題を考える会、
    ■その他

    H30年「みーつ大津」の大津祭に関するプログラム ご紹介

      

    keyvisual_01_2018.jpg


    「みーつ びわ湖・大津」は、びわ湖のほとり・大津で、体験・アクティビティを中心に、大津の旅の楽しみ方を紹介するポータルサイトです。
    大津は、JR京都駅からわずか9分でアクセスでき、びわ湖をはじめ豊かな自然を活かした、沢山のアクティビティがあります。また、歴史も深く、かつての日本の都であり、門前町・港町・宿場町の3つの側面を持つまちとして栄えてきました。
    大津は、多くの人々の出逢いに支えられていることから、
    タイトルの『みーつ』には、
    「多くの人々が大津で出逢う」
    「大津の人々が大津に出逢う」
    「若い人々と未来に出逢う」
    という三つの出逢いの意味を込めています。
    「みーつ びわ湖・大津」のサイトを通じて、旅の新しい楽しみに出逢っていただきたいと願っています。

    ■大津祭に関するプログラムは以下の3件です。



  • ■長柄衆が案内する大津祭宵宮 湯立山・会所での特別見学とお茶席のおもてなし
  • 03_05-768x452.jpg

    湖国の秋を彩る大津祭宵宮へ。湖上交通の港町、東海道五十三次の宿場町として発展した大津の経済力が、絢爛華麗な曳山を築き上げました。全ての曳山に乗るからくり人形は特に注目。一流の細工師たちが手掛けた巧妙で精緻なからくりは、大津祭で完成期を迎えたと云います。趣向に富んだ曳山、からくり人形、見送り幕、屏風などを拝見し、今回は特別に湯立山(ゆたてやま)の会所2階へ。お囃子の演奏や曳山を間近に見られるめったとない機会です。神功皇后山(じんぐうこうごうやま)のお茶席にもご案内いたします。

    • □日時:日2018/10/6(土) 時間18:00~20:00
    •  
    • □参加料金(税込)3,000円※ガイド料、お抹茶・お菓子・厄除けちまき代、保険料を含む
    • □空きがあれば当日参加OK
    • □定員人数 16人(最少催行人数2人)
    • 詳細はこちら


  • ■学芸員と巡る!! 大津祭宵宮 まち散歩
  • 04_04-768x452.jpg

    国指定重要無形民俗文化財の「大津祭」。宵宮を迎え、祭りの雰囲気に包まれた大津百町を大津市歴史博物館学芸員の案内で歩きます。宵宮は、曳山の装飾品やからくり人形を間近に見ることができるチャンス。この日だけの大津祭の楽しみ方を分かりやすくご案内します。終了後は、そのまま大津祭の宵宮の夜をそぞろ歩いてください!!

    • □日時:日2018/10/6(土) 時間14:00~16:00
    • □参加料金(税込)2,000円 ※厄除け粽、保険料含む
    • □予約終了は3日前までに予約
    • □定員人数 15人(最少催行人数11人)
    • 詳細はこちら


  • ■大津祭・船幸祭・山王祭 大津三大祭を受け継ぐ3社を巡る
  • 05_06-768x452.jpg

    滋賀県大津市には、季節を彩る美しい祭が三つあります。 桜から新緑へと美しい季節の移ろいが見られる坂本を舞台に、山王総本宮・日吉大社の例祭として開催される「山王祭(さんのうさい)」。 水面に映える船団の灯りと花火が夏の夜を幻想的に彩る、近江一の宮建部大社(たけべたいしゃ)の「船幸祭(せんこうさい)」。 "コンチキチン"の祭囃子が秋の空気に心地よく響き、見事なからくりが見どころの一つとなっている天孫神社(てんそんじんじゃ)の祭礼「大津祭(おおつまつり)」。 大津祭で盛り上がるまちを中心に、三大祭を受け継ぐ3社を巡り、伝統の祭りを体感してください!




    • スケジュール
    • 一日目】市内宿泊
    • 16:00〜17:00
      • 建部大社参拝(船幸祭神輿が展示されている宝物殿拝観)
    • 18:00~20:00
      • 大津祭宵宮観覧(天孫神社参拝、町家2階での見学を含むガイドツアー)
    • 20:30~22:30
      • 夕食(あゆら)
    • 【二日目】
    • 9:00~12:00
      • 大津祭本祭観覧(二階家見学)
    • 13:00~14:00
      • ランチ(鶴喜そば)
    • 14:30~16:00
      • 日吉大社参拝(山王祭の例祭開催場所等見学)
    • 概算予算
      • 大人1人 約19,500円~(宿泊費約10,000円~を含む)


    みーつ びわ湖・大津 実行委員会
    (大津商工会議所/大津市/(株)まちづくり大津/びわ湖大津まちづくり会議/(公社)びわ湖大津観光協会/瀬田川流域観光協会/坂本観光協会/おごと温泉観光協会/(一社)大津市商店街連盟/大津市歴史博物館/京阪ホールディングス(株)/琵琶湖汽船(株)/(株)バルニバービオーガスト/(株)プリンスホテル びわ湖大津プリンスホテル)
  • H30年第5回 滋賀食の祭典が開催されます。(宵宮・本祭の日開催)

    2018-top_syoku.jpg

    • 第5回 滋賀 食の祭典 -in 浜大津 2018-が開催されます

    • 浜大津に集う滋賀の名店達

    • 場 所 浜大津港 特別イベント会場
    • 日 時 2017年10月6日(土)7日(日)
    •    6日(土)11:00 〜 21:00  7日(日)11:00 〜 18:30
    •    ステージにて各種イベント開催(詳細はチラシ参照)
    •    キッズ広場併設

    • http://shiga-shoku.com

      • 【主催・運営】滋賀 食の祭典実行委員
      • 【実行委員長】株式会社コウフードサービス 代表取締役 山田公一郎
      • 【副委員長】株式会社夢光 代表取締役 吉田滋
      • 【広報担当】株式会社ジーングロス代表取締役 中村将尊(株式会社エヌイーエフ所属)
      • 【出店担当】株式会社 三庫 取締役 安田 暁 / 株式会社 IFREB代表取締役 岩本 貴規
      • 【キッズ広場担当】なかまる整体 代表 山本桂爾
      • 【ステージ担当】株式会社ジーンクロス 和田 昂樹
      • 【ボランティア担当】心温家 代表 若林祐兵/CLEAN ONE 代表井口 浩和

      アクセス

      【浜大津港特設会場】滋賀県大津市浜町2-40